マンション投資で失敗しない為に覚えておきたい事とは?

ワンルームマンションを一括購入しそこで家賃等の収入を得たり売買利益を得たりする「マンション投資

投資金額が少なくても始められ一攫千金を狙って投資するなんて人もいます。

 

ところがそう簡単に事が運ぶ事は少なく、恐らく検索しても先に失敗例が上がる程に難しいです。

どうしても投資をしたいのであれば

 

・収入は入居者次第

マンションを丸ごと買った、数部屋買ったとかなら一つや二つ、入居者いなければ収入が少ないにしろ途絶える事はありませんが一部屋だと入居しない限りは一生ゼロ…なんて笑えない自体も普通に有りえます。

投資するだけでなく如何に入居して貰えるかも考えないといけません。

 

・賃料の下落が収入の下落

無事に賃料と言う名の収入を得れたとしてもその賃料が一定額で続くとは限りません。

場所によっては同じマンションが立ち並びライバル達との競合、それに勝つには余所より賃料を下げる…商売術も身につけておかないといけません。

投資とは言っても商売に片足を浸かりかけているのですからこの様な事も想定しておかないといけません。

 

・立地場所周辺の調査も怠らない

少し話を戻しますが入居者次第ではありますがそのマンションに住みたくなるような土地でしょうか?

都内や大きな工場やオフィス街と言った単身者の働き手等が多くいる場所だと人手が集まりやすく、収入も見込めますが地方や郊外と言った人手が少ない所だと収入は見込みづらいでしょう。

 

買おうと思っているマンションが安くても

 

人手がいない=住居人も見込めない=収入増加も見込めない

 

そんな構図も出来上がり長い目で見ると大損の自体もあります、たかが周辺と侮らずにこまめな情報臭が必要です。

 

この3つだけでも頭に入れておかないといけません。

ここでは挙げきれないので割愛させてもらいましたが失敗談の声も上がっているので本記事以外にもチェックする事をお勧めします。

 

最後にマンションに限らず投資は失敗するとその分リスクも多い、堅実に生きたいのであれば一度Uターンしてもう一度考え直すと良いでしょう。

戻ったとしても私は臆病者と罵る様な事はしません、むしろ賢明な判断と評価します。

しかしそのリスクを承知で投資するならこの様な失敗例を他人事と思わず投資した翌日にはもうなったと思うぐらいには肝に銘じて行って下さい。

マンション投資の際、注意するべき2つの点について

マンション投資は、株やFXよりも安定している、魅力的な投資先のひとつです。

ですが、このマンション投資には注意するべき点が2つあります。

これから、それをご紹介します。

 

マンション投資において一番気をつけるべきもの、それが空室リスクです。

確かに、マンション投資は利回りがよいので(投資利回りが5%以上の投資物件がめずらしくありません)、その辺の銀行で定期預金をするより、ずっと儲けることが出来ますが、それは、マンションの空室が順調に埋まっていた場合に限ります。

 

もし、投資先のマンションが人気のないマンションで、空室が次々に出てきた場合、投資利回り5%どころか、元本割れのリスクさえ出てきます。

なので、マンションに投資するなら、空室リスクはどうなっているのか、このマンションの人気はどの程度なのか、そういったところをきちんと見極めないといけません。

この空室リスクのほかにも、マンション投資には気をつけるべき点があります。

 

それは、災害リスクです。

仮に、投資したマンションが何らかの災害に見舞われた場合、元本割れどころか、大損確定です。

 

確かに、そうそう投資先が災害に見舞われる事はありませんが、それでも、そのような可能性がゼロではない以上、リスクを考慮しておく必要があります。

なので、将来地震が発生する可能性が高い地域にある物件への投資は避ける、海辺にあまりにも近い物件への投資は避ける、(あまりに海辺に近い物件の場合、津波、浸水のリスクがあります)などの対策を考えておくとよいでしょう。

 

空室リスクや災害リスクなどのリスクがあっても、マンション投資が投資として有用であるということに変わりはありません。

なので、それらの点に気をつけながら、慎重に投資をしていくとよいでしょう。

マンション投資を行う際に気を付ける事とは?

マンションを購入し、その家賃収入で収入を得るマンション投資ですが、これを行う際には注意するべき点があります。

 

まず、投資用の物件を購入することです。意外と知らない人も多いと思いますが、マンション投資は好きなマンションを購入し、それを自分で人に貸すといったものではありません。

そのような方法も無い訳でもありませんが、個人で行うにはリスクが高いこともあり、原則的には投資用の物件を購入し、その利回りを得ることになります。

 

投資用の物件には、その価格と共に利回りが提示されています。例えば2000万円の物件で利回りが5%の場合、1年間に100万円の収入になり、20年で元が取れる計算です。

物件の購入はもちろんローンで構いません。物件の価格によっては自己資金ゼロの状態でも始めることができます。ローンが終わった後には物件は自分の物となるので、その後の安定収入にも繋がります。

 

ですが、手軽な範囲でローンが組めるような投資用の物件は中古のことが多いので、ローンが終わった頃にはかなりの築年数になってしまうことが多く、その後にその物件を手放しても返ってくるお金は僅かなことが多くなります。

 

また、最初に提示されている利回りには保証期間があります。それを過ぎると、同じマンション内や近隣の空き部屋の状況を始めとして、周辺の環境の変化や、築年数の経過などに伴って思った通りの収入が得られなくなってくる可能性があります。

 

よって、マンション投資を行うには、物件の選択がとても大切になります。例えば通勤用の急行が止まる駅周辺や、生活に便利な施設が多い地域など、築年数が経過してもそれほど価格の下落ないと考えられる物件を選択べきだと言えます。要は、そのマンションの将来性が大切なのです。

 

それでも10年後や20年後にどうなっているかは誰にも分かりません。マンション投資は比較的低価格の物件を選択すれば自己資金ゼロでも始めることができますが、それなりのリスクもあることを決して忘れないようにしてください。

投資用マンションを購入するときの注意点

最近は女性でもマンションを購入する人が増えてきて、投資用マンションを購入する人まで現れてきているようです。しかし、投資用マンションで儲けるのは結構大変ですので、下準備が必要です。

投資用マンションはその大部分を銀行の借り入れによって購入しますので、入居者がいないと全く利益が出ないどころか、借金がふくらんでいきます。

 

このためにはできるだけ頭金をたくさん支払うということが大事です。ローンが少なければ入居者がいなくてもそんなに苦労はしません。

そして一番大事なのは立地です。投資用マンションは入居者がいなければ全く売り上げが入ってこないので、とにかく立地が大事です。

 

賃貸物件で重視されるのはやはり交通の便がよいということですので、とにかく駅近がおススメです。

人気のエリアで駅近ならそんなに心配しなくても良いと思います。

 

特に東京大阪名古屋などの大都市なら心配ないと思います。間取りは単身者がたくさん住む、1LDKなどがオススメです。

こうした物件は単身者だけでなく子供がいない家族なども住みますので、需要が大きいといわれています。

 

その他にもワンルームマンションもオススメです。こうした物件は学生さんなどが住みますのでそこそこの需要があります。

一方、地方の物件に投資するのは慎重にした方がよいと思います。地方はこれから人口がどんどん減少していきますので、投資マンションを購入しても入居者が入らず空き家が増えてしまうのではないかと懸念されています。