分譲と賃貸どちらが良いかは、入居期間や生活スタイルによって十人十色です。

都心は生活とする上で何かと便利だし、老後のことを考えると都心に住んだ方が良いのではないかと考えて都心へ移り住む人も増えています。

では、都心に移り住んだ場合にマンションは賃貸と分譲どちらがいいのでしょうか?

 

分譲住宅のメリットとしては、何と言っても「自分の家」として住むことができる点です。若いうちはインテリアを自分好みにすることができますし、年を取ってからはバリアフリー化を行うことも可能です。

また、「大家さんの都合で退去しなくてはいけない」なんていう事態を防ぐこともできます。

 

一方、デメリットはどうしても必要な資金が高額になってしまう点です。マンションの立地や築年数によりますが、数千万円単位の資金が必要になってきますのでそれだけの資金を用意するか、ローンを組まなくてはいけません。

 

賃貸住宅のメリット・デメリットは基本的には分譲住宅の逆になり、メリットは初期費用が少なくてすむということ、デメリットは「借りている家」ですので、自由にリフォームできなかったり、正当な理由があれば、大家さん都合でも退去しなくてはいけない場合があります。

ただし、費用に関していうと賃貸住宅は毎月家賃を支払わなければなりませんので、入居期間が長期間になった場合は分譲住宅より費用がかかる可能性があります。

 

例えば、毎月の家賃が10万円の場合、1年間で120万円、20年間入居した場合は2,400万円になりますので、ご自分の入居予定期間で計算してみると参考になると思います。

また、他に忘れてはいけない費用として修繕費があり、賃貸では大家さんが支払いますが、分譲になると修繕積立金を入居者合同で積み立てている場合がほとんどで、その費用も計算にいれる必要がありますので気を付けてください。

 

ここまでそれぞれのメリット・デメリットを挙げてきましたが、どちらの方が良いという明確な答えは正直ないと思います。

ここまで述べきたメリット・デメリットや費用を自分で計算、比較した上で長期間都心に住む予定があり、ご自分が老人ホーム等に入居するつもりがないということでしたら分譲マンションの方が良いかもしれませんし、入居する期間が短期間で、老後は老人ホーム等に入居するつもりであれば賃貸住宅の方が良いと言えるのかもしれません。

マンションは買う?借りる?ライフスタイルに合わせてセレクト

マンションを買うか、それとも賃貸で住むか、この問題は何かと迷ってしまうところではないでしょうか。しかしどのように暮らしていきたいのかを踏まえつつ、両者の良し悪しを知ることによって自ずとライフスタイルにマッチする方を選択できるはずです。

購入のメリット・デメリット

はじめに買った場合のメリットとしては財産になることです。その部屋は自分の物となりますので、将来的に子供に遺してあげることもできます。もちろんリフォームも自由に行うことが可能ですから自己所有ならではの良さがあります。

 

買うことのデメリットは、何かと住まいに対してのお金がかかることでしょう。大抵の場合は数十年のローンが続きますので金銭的・精神的な負担にもなります。設備に故障が出れば自費での修理になりますので、突然高額の出費が発生する可能性も否定できません。

賃貸のメリット・デメリット

一方の賃貸のメリットは気軽に暮らせることです。月々の家賃の支払いで良いですし、もし設備が故障しても自身に過失がなければ負担ゼロで直してもらうことができます。持ち家ではないので気軽に引っ越しをすることができたり、ご近所付き合いをする必要もありません。

 

デメリットは家賃を支払っても永遠に財産にはならないこと。そのため、ローンを組んで買ってしまった方が良いのではないか?と、そんな気持ちも芽生えて損をしている気持ちになるかもしれません。
双方の暮らし方に良し悪しがありますので一概に正解を選ぶことはできませんが、ただどちらの暮らし方が自身や家族に適しているのかは判断できるはずですから、ライフスタイルを考慮していずれがベストなのかセレクトしましょう。

損得よりも大事なのは…

マンションは購入と賃貸、どちらがお得なのか?マンションを選ぶ際によく悩みますよね。テレビやネットなんかでも、経済評論家や不動産評論家が購入派と賃貸派に別れて議論している番組をよく見ます。結局、この問題は経済と不動産のプロでも意見が別れるものなので、正解はないのでしょう。

 

支払う金額を見てみると、購入した場合は購入金額に毎年払う固定資産税、町内会費などが発生します。賃貸の場合は、月々の賃料に2年に1回の更新料など。これらの金額を30年支払うとすると、トータルの金額は正直ほぼ変わりません。

そのため、損得では考えるものではないと思います。ただ、購入すれば資産にはなるので、自分達が亡くなった後子供たちに資産を残してあげたいと考える人は購入した方が良いでしょう。

 

そこで、私が思う購入と賃貸の判断基準で最も大事なこと。それは「自分のスタイル」だと思っています。

自分は同じところに長く住みたいタイプなのか?それとも、何年かごとに新しいところに住み替えていくのが好きなタイプなのか?仕事や親の介護などで転居する可能性はあるか?まずはこれらをしっかり理解することが重要です。

 

きちんと理解することができれば、購入でも賃貸でもどちらでも大丈夫でしょう。大切なことは損得ではなく「自分自身がそのマンションに納得すること」なのです。

もし、まだ自分のスタイルが理解できていない方は、物件探しよりもまず自己分析。これをしっかり確立させてからマンション選びを行いましょう。

賃貸か分譲かマンションを選ぶならリスクが少ない選択を

マンションに居住を考える時、賃貸にするか分譲にするかという2つの選択肢が考えられます。賃貸と分譲マンションどちらの方がメリットがあるかというと、個人のライフスタイルや家族構成、そしてマンションの間取りや立地場所などによって異なってきます。

そのため、賃貸か分譲かではなくその他の条件を総合的に考えて判断をしなければいけません。

 

例えば、もう家族構成も決まっていてライフスタイルもこれから先大きく変わる事はなく生活拠点を変える気もないなら、分譲マンションを選ぶと良いでしょう。

しかし、まだこれから家族構成がどうなるのかも分からず、それに伴うライフスタイルの変化も予測出来ないという場合は賃貸を選ぶ方がリスクが少ないと言えるでしょう。

 

また、賃貸と分譲マンションでは何が最も大きく違うのかというと住み替えの手軽さになります。

例え一ヶ月の家賃と住宅ローンの返済が同額だとしても、賃貸なら簡単に住み替える事が可能ですが、分譲マンションの場合そう簡単にはいかないのが現実です。

 

そのため、分譲マンションを購入する時には賃貸よりも何倍も慎重に考えなくてことを進めなくてはいけません。

また賃貸よりもリスクが高い分譲マンションですが、賃貸と違って自分の資産になるというメリットもあります。

 

人気のある場所で単身者用のマンションなら分譲として購入した後で、もし住み替えしたいと考えた時に賃貸として貸し出したり売却する事も可能となるでしょう。

 

しかしながら、ローンが完了している場合とローンが残っている場合とでは事情が異なるので注意してください。

一括、または短期間でローン返済が出来る場合以外で、分譲マンションを選ぶ時には住み替えをせずにそこに住み続ける事を前提として考えなければいけません。

 

将来住み替える可能性がある、人生設計が決まっていない等の不確定要素が多い場合は、賃貸マンションを選ぶ事をオススメします。